目視検査の

異物を検知・分類する自動検品技術である画像検査専用AIのパイオニア

News: アドダイスとAJS半導体工場・製造検査工程向けHORUS AI専用バージョン「HORUS AI for SemiCon-EX」クラウドサービスの提供について協業開始

アドダイスとAJS 半導体工場・製造検査工程向けHORUS AI専用バージョン 「HORUS AI for SemiCon-EX」 クラウドサービスの提供について協業開始 人工生命時代の豊かな社会の創造をビジョンとし、SoLoMoNコンセプトに基づくサービスを提供する株式会社アドダイス(所在地:東京都台東区上野5-4-2 IT秋葉原ビル 代表:伊東大輔)は、TISインテックグループのAJS株式会社(代表取締役社長:河﨑 一範、本社:東京都新宿区、以下:AJS)と、半導体工場・工程向け HORUS AI専用バージョン「HORUS...

News: HORUS AI Webサイトをリニューアルしました

HORUS AIのWebサイトをリニューアルいたしました。 画像検査専用AIとして注目を集めているHORUS AIをより深く理解していただければ幸いです。 具体的なご検討を進められたい場合はお問い合わせページからご連絡いただけますでしょうか。 これからのHORUS...

目視検査要員の人手不足を解消します

目視検査のありようを変える

真のAI (人工知能)

9

HORUS AIはプログラムレス仕様で導入が簡単

アドダイスが誇る画像検査専用AIの最新版「SLH-CY」の導入に、AIやプログラムの専門知識は一切必要ありません。 パッケージ化されたプログラムレスデザインのため、簡単に現場への導入を行うことができます。 カメラ、レーザー、X線などセンサーの種類に関わらず、新規導入も、既存構成への追加導入も可能です。
9

HORUS AIは深層学習で不良品の見逃しを防ぎます

従来の画像検査に使用されているAIでは、検査員の「長年のカンと経験」から生まれる高度な検査技術をシステム化することが困難でした。 HORUS AIは深層学習が可能なため、画像のアノテートにより検知対象をより正確に学習していきます。 これにより、特定の指示や基準に沿った判断はもちろん、独自で設定した判断基準によって、より精度の高い検査を行うことが可能となっています。
9

HORUS AIは検品ラインの省人化を実現します

精密な画像検査に強いHORUS AIは、がん診断支援AIにも採用されている高品質・高レベルなブランドです。 そんなHORUS AIの導入により、従来のスタイルである複数の検査員による検品から、より少人数での検品ラインの維持を実現することが可能となっています。

HORUS AIによる深層学習の手順

たったの2ステップで深層学習が可能です!

  1. 検査対象を準備
  2. ベテラン技能者の合否判断をワンクリック操作で入力

生産ライン導入例1

  • 高速外観検査に使用することができます。
  • 肉眼では見つけることが難しい傷・汚れ等も簡単に見つかります。

生産ライン導入例2

  • X線検査装置との連動を実施することができます。
  • ごく小さな異物の混入も発見することができます。

AI分野で先進のアドダイスに是非ご期待下さい