目視検査のHORUS AI

目視検査要員の人手不足にお困りの方

画像検査(異物・外観)のありようを変える真のAI(人工知能)です。

待望のプログラムレス仕様が登場しました。お客さまサイドで簡単に深層学習が可能です。

アドダイスが誇る画像検査専用AI(人工知能) SLHシリーズの最新版です。

お問い合わせはこちら

AIやプログラムの知識は一切不要、導入が簡単です。

HORUS AIによる深層学習の手順

1)画像データ(検査対象)のご準備・・・【異物】・【外観(傷、汚れ等々)】

2)ベテラン技能者の【合】・【否】判断をワンクリック操作で入力(完了)

3)不良分類をしている場合は、技能者自身が不良分類の登録が可能

高速外観検査(傷・汚れ等) X線検査装置との連動(異物混入)
生産ライン導入例1 生産ライン導入例2

画像処理装置の製品力強化に:HORUS AI Alliance

画像処理装置メーカー各位へのライセンス供与も承ります。詳細は別途お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

お客さまサイドで深層学習できる・導入簡単・真のAI(人工知能)です。

特徴

従来の画像処理方式が苦手としたベテラン検査員の勘と経験に基づく技能も学習

  • カンと経験の世界は、ベテラン検査員の技能は従来はシステム化が困難でしたが、HORUS AIで学習可能です。
  • 納入先ごとに異なる出荷基準・受入担当者の交代に伴う受入基準の変更も学習できます。
  • 不良の見逃しを防ぎ不良品出荷を防止します。
  • 不良分類にかかる長時間労働を解消します。
  • 過剰検出を減らし歩留まり向上に貢献します。

人手不足時代の競争力強化に

  • ベテラン検査員の目視判断技能の目視判断技能の承継・標準化を実現します。
  • 検査業務の負荷と工数を削減します。従来の検査要員で生産量増加が可能になります。増産に柔軟に対応可能になります。

お客さまサイドで簡単に深層学習(プログラムレス仕様)

  • 深層学習に専門知識やプログラム入力は不要です。
  • 深層学習を自社で完結します。AI導入時の構築コスト削減に貢献いたします。

 

AI(人工知能)分野で先進のアドダイスに是非ご期待下さい。

お問い合わせはこちら

 

 

*SoLoMoNならびにHORUS AIは株式会社アドダイスの登録商標です。

HORUS AI